来ました!

届きました!!

自分で型染め体験で染めた

手拭いが!!

 

八王子市にある石塚染工さん。

手拭いの型染め体験に行ってきました!

 

 

 

 

(型染の生地と出来上がった江戸小紋)

 

手拭いの良さを改めて実感したこの頃。

使うだけではなく工程を体験できる場が

こんなにも近くにありました!!

いつも通っている道沿いにあるのに・・・

八王子に住んで二十数年も経つのに・・・

気づきませんでした^^;

 

 

 

(江戸小紋の染め模様を久美子さんが実演!かっこいい!!)

 

染めの工程を詳しくご説明、

そして工場内を見学をさせていただきました。

色の調合から生地に染め、

そして修正作業まで!

10以上にもなる製品になるまでの工程を

一貫して行っている石塚染工さん。

 

八王子の中心部にこのような作業場がある事に、

そしてその仕事っぷりに感動と興奮いっぱいでした!!

 

色の調合は自然光で微妙な色加減を調整しているとの事。

この、「色」「自然光」「調合」

と聞くだけでワクワクします^^♡

 

ここで満足している場合ではない、本番はここから。

自分で生地に型染めをしていく体験です。

 

型紙と色みを選んでスタートです。

 

 

 

 

 

(奥に大先生が・・・とても丁寧に教えてもらえます^^)

 

石塚久美子さんや大先生は、

いとも簡単に行なっているハケでの糊つけ。

体勢、ハケの角度、手の押さえ、重心のかけ方、リズム感…

どれもムヅカシイ!けれど楽しい!!

型紙をズラして繋げていくための目印「星」が

まぁ小さく見えない見えない・・・

一番の難関でした。

ここがズレると柄が歪んでしまうそうで

とても神経を使う作業でした。

 

 

 

(左の型染が右の手ぬぐいになりました!)

 

大先生と娘さんの久美子さんのとても優しく素敵なお人柄に、

この体験を見つけられて、

お会い出来た事がとてもありがたいひと時でした。

ありがとうございましたm(_ _)m

 

 

 

 

(菊模様と瓢箪柄の2パターン染め体験しました!)

 

伊勢型紙を作る職人さんが、

この丁寧で繊細な作業が出来る方が

本当に少なくなってきているそうです。

染め屋さんももちろん同じく・・・

伝統工芸が無くなってしまわないために出来る事、

着物を着て出かける事からかなと思います。

まずさ着物の素晴らしさを知ってもらう事。

ここからなら私でも出来そうです。

着物熱のスイッチ、改めて入りました!!